フロアコーティングのdiy方法

新着情報

diyフロアコーティングとは

最近の人気のdiyフロアコーティングについて、ご存知でしょうか。『diy』とは『do it youself』いう意味で、つまり、自身でコーティング施工をすることがdiyフロアコーティングなのです。こちらでdiyフロアコーティングの手順やポイントを説明するのでチェックしよう!

フロアコーティングを失敗しないために

植物

フロアコーティングを失敗しないために

diyフロアコーティングで失敗しないために、コーティングの際のポイントを押さえておきましょう。特にdiy初心者なら、塗り方やコーティング剤の選び方を知っておくと必要があります。

READ MORE

自宅の床をコーティング

床

家具を移動する

diyフロアコーティングを始める前に、家具の移動から行いましょう。コーティングをする部屋の家具を別の部屋に移します。その時にあまり、家具を引きずらないように心掛けましょう。家具を引きずって移動すると、床のへこみや傷みに繋がります。そのため、家具を移動するときは床を保護する留め具やマットを用いて移動するといいでしょう。

まずは掃除から行う

コーティングを上手にするには掃除が肝心です。まずはご自宅で使用している掃除機でホコリや小さいゴミを吸い取ります。そして、キッチン洗剤などの中性洗剤を活用して、床の油汚れをしっかりと落とします。ここで、しっかりと汚れを落としておかないとコーティング効果が持続しないので、こまめに掃除をすることがポイントです。

水拭きをする

中性洗剤で油汚れを落とした後は、仕上げに水拭きを行います。中性洗剤を使用した後は洗剤が床に残りやすいので、拭き取りは一回だけでなく、何回も行いましょう。また、床に付着している洗剤を効率的に落とすのに水ではなく、ぬるま湯を使用することをおすすめします。ぬるま湯なら、床を傷ける心配もありませんし、中性洗剤を落とすのに最適な方法と言えます。

マスキングテープを貼る

しっかりと水拭きした後は床が完全に乾くまで待ち、いよいよ、コーティングに移ります。しかし、コーティングを行なう前に、マスキングテープでドアや出入口付近をカバーしましょう。マスキングテープを使うときに重要なのが、テープの貼り方です。テープの貼り方が軽いと、塗料がテープの下に入り込んで、床に余計なにじみを与えてしまうことになります。ですから、テープを貼るときは、しっかりと押さえて貼り付けるようにしましょう。

コーティング剤を塗る

マスキングテープを貼ったら、専用のモップにコーティング剤を染み込ませて、少しずつ床に塗布していきます。コーティング剤を塗るときに、気をつけておきたいのが、『時間』です。diyフロアコーティングは素早く行わないと、コーティングの乾燥が進んで変な跡がついてしまう可能性があります。また、手早く塗らないと塗りムラを作ってしまう原因にもなります。ですから、決めたルートに従って、素早く塗り進めてコーティングを完了させましょう。

【PR】
フロアコーティングのdiyなら仕上げにこだわろう
自分でもここまでできると驚く情報集

フロアコーティングの価格を確認
プロがすぐに対応してくれる

大阪でマンションリフォーム業者を紹介!
オススメ店舗の特徴を解説!